更年期障害には漢方が適しています。

個人差はありますが40歳前後になると、一定の割合で更年期障害に悩む人が増えてきます。そしてそのほとんどが女性であり、ほてりやイライラ感、頭痛や動悸などの症状に悩まされてしまいます。人によってはうつ病や不安障害のような症状が出たりして精神状態も悪化してしまい、それまで問題なく日常生活を送れていた人が家族の世話だけでなく自分の身の回りのことさえもできなくなってしまうということも少なからずあります。また症例数はそれほど多くないものの、女性だけでなく男性も同じような年齢に更年期障害に悩まされることがあります。この更年期障害ですが主な原因は40歳前後から起きがちなホルモンバランスの崩れであり、いわば加齢に伴うものなので起きても仕方のないものなのです。そして更年期障害というのは症状が多岐に渡ることもあって受診すべき科というのが定まっておらず、症状に合わせてかかりつけ医を受診する人、周囲の勧めから産婦人科を受診する人、精神状態が悪化して心療内科や精神科を受診する人さまざまいます。現在更年期障害の治療としては症状に合わせた対処療法のほか、ホルモンを補充するという治療があります。しかしそれらがかえって健康を害するというリスクも少なからずあることから、漢方での治療を希望する人が多いです。漢方というと処方薬であっても効果がすぐには出ないとか、効き目が緩いのではないかということを考える人もいます。しかし現在処方が可能な漢方の中にはホルモンバランスを整えるという効果のあるものも複数あることから、今では医師の方から積極的に漢方での治療を勧められることもあるくらいです。漢方については薬局で処方されてしかも高額というイメージがあるのですが、医療機関で処方された漢方は基本保険適用なので医療費もそれほどかからずに服用することが可能です。また更年期障害の中でもうつ状態やイライラ感など精神状態の悪化がひどい場合には心療内科や精神科で漢方を処方された時、自治体に予め申請しておけば自立支援医療制度を利用して1割負担で済むため、更年期障害の治療で漢方を服用すると予想される場合はぜひとも申請しておきたいものです。実際漢方を服用するようになってから更年期障害の症状が緩和されたという人も多くいる上に、ホルモン補充療法など他の治療法とは違って副作用の心配もそれほど多くないことから長期間の服用でも安心できるものとなっています。参考にしたサイト⇒更年期 40代 サプリ